fc2ブログ
2017.03.27 22:44|高校生
H29春の大学進学状況
合格状況ではなく、進学状況です!!

新潟大学(農)
山形大学(工)
新潟県立看護大(看護)

岩手医科大学(医学部医学科)
早稲田大学(人科)※
明治大(商)
法政大(社会)
日本大(生物資源)
神奈川大(法)
新潟医療福祉(視覚)
関東学院大(教育)※
※印は、指定校推薦または、一般推薦です

今年の高3生もよく頑張りました!!
国立&私立含め、医学部医学科に、これで5人目の進学者です。
近年の医学部の受験は、本当に厳しく、能力はもちろんですが、
合格の為には、色々な要素が必要で…
小学からの通塾で、小さい頃からの夢に一歩近づけたことにホッとしています。

もちろん他の塾生、ひとりひとりにそれぞれのドラマ!?があり、
大学生になるのはムリ?と思われていたのを頑張って合格した塾生。
センターの1日めでガックリして、前期試験はダメでしたが、
後期試験で無事合格した塾生。
国立1本で、最後まで粘って、合格した塾生。
難関国立を目指し、最後の最後まで勉強に勉強を重ねましたが、
不合格でした。
しかし、「頑張るだけ頑張ったので、挑戦したことに悔いはない。進学先でまた、頑張ります!!」
と、笑顔で卒業していった塾生…。

全部は書ききれませんが、ひとりひとりの思いと努力の結果です。
また、新たなスタートですね!!

もちろん、第一志望に合格して進学すること、それを指導することが塾の務めです。
しかし、塾生たちは、もっと多くのことを学び、巣立っていってくれている気がします。

塾生たちの頑張りに力をもらって、また1年頑張ります

2016.04.19 19:04|高校生
新学期も始まってだいぶ過ぎてしまいましたが、
H28春の進学報告を致します。

埼玉大学 
都留文科大学
新潟県立大学
日本女子大学
新潟薬科大学
東都医療大学
近畿大学附属看護専門学校

※は指定校または、一般推薦合格です

今春は、少ない人数でしたが、みなそれぞれに第一希望、もしくは第二希望での
進学を決めることができました!!
うち2人は、国公立後期での合格という、苦しい受験ではありましたが、最後まで粘ったかいあって、
希望のところに合格できて何よりでした!!

大学ではなく、専門学校ではありますが、近大付属の専門学校に推薦で合格した塾生も
小3から通い、高校は進学校ではありませんでしたが、三条、巻高生ととも3年間勉強し、
見事に希望の進学先にすすむことができました。

また、もう1人の推薦合格の塾生も、小学3年時より三条からの通塾で、
長い通塾期間の中で、今では笑い話となりましたが、確か中3の1月に突然「塾をやめたいです。」というので、
「わかった。じゃあ、いつまで通うか後で教えて。」と言って帰ったところ、
お母さんから電話があって「塾をやめるのをやめていいですか。」という出来事もありました。
その後は、何事もなかったように塾を続けて、
高1生の時に塾長が個人的に数学を教えていたある時に、
「ふっと、勉強のからくりに気付いた瞬間」があったようです。
塾長もその時のことは、言葉を交わさなくてもわかったと言っていました。
小3から通塾しても、「勉強」の本質に気付くには、それだけ時間がかかる生徒もいるということです。
この塾生は、わかっただけすごいのかもしれません。

3月の終わりに全員ではありませんでしたが、皆でお昼を食べに行き、
新たな門出を祝いました。
今は、新生活を楽しんでいることと思います。
充実した学生生活になることを祈っています
2015.03.25 18:05|高校生
本当にすっかりご無沙汰しており、
友人からも全然更新してないじゃないと叱られました。

今年も大学入試、高校入試ともに無事終わりました。
まずは、大学入試のご報告から。

3月10日の国立大学の合格発表を待って、
当塾の今春の大学受験は無事終了しました


<国立大学>
日本医科歯科大 歯学部-口腔保健学科

<私立大学>
慶應義塾大-商
立教大-社会
中央-法
東京農大-生産産業
帝京大-薬
日本大-工
日本大-生産工
日本大-農
東洋大-生命科学
新潟福祉医療大-医技
新潟青陵短大-幼教


【重複なし、※は指定校および公募推薦】

ひとりひとりそれぞれにこの結果を出すまでには、
いろいろな道のりがありました。
今年もほとんどの塾生が、第1希望のところに進学できました!!
数名第2希望だった…という塾生もいますが、
それぞれに自分なりにやった結果です。と
終わってから晴れ晴れした連絡をもらいました。

今の時代、『大学』という名のところにいこうと思えばどこでも
いける時代だからこそ、
それぞれが精一杯頑張って、そして後悔のない進路選択をすることが
いかに難しく、だからこそ、塾生たちには、最良の道を進んで欲しいと
願っています。

国立大に最後に決まった生徒は、その前に受けた短大で
まさか!?の不合格になり…。
模試やセンター後の結果でもずっとA判定だったですが…。
やはり、試験はやってみないと分からないものだと、今年も実感しました。
そして、この生徒が目指した口腔保健学科は、4年制の学部がある
大学が限られて、実際滑り止めもそこしか受けておらず、
まさに「背水の陣」で2次試験に臨みました。

しかし、2次の前には合格の確信を持って送り出しました。
何故かといえば、短大での不合格の理由を考え、その対策を
一生懸命やったからです!!

センター後、私立をやたら受けて2次対策もままならない状態で、
国立前期試験を迎える高校生も多いようですが、
特に地方の場合、この東京他への移動の往復&受験は色々な面
で受験生にとって負担になりますので、
このあたりもしっかり考えて受験校を決めなくてはいけないのでは?と思います。

とは言え、「落ちたら浪人」という大変精神的にキツイ状況の中で、
ひたすら前期試験にむけて、くる日もくる日も塾で勉強していました。
国立の前期試験に臨んだ高3生はみな同じだと思いますが、
この苦しい時期を耐え、乗り越えた結果が合格につながるなのだと思います。

また、追々書いていきたいと思います!!

もう間もなく旅立ちの時ですね~。
春からの新生活、「たくさん学びたくさん遊び」
かけがえのない4年、2年間を過ごしてほしいです
2014.09.17 15:46|高校生
高3生の進路決定の第一弾の時期になりました。

一番早く決定する「指定校推薦」です。
当塾では、地方のハンデを克服する1つの手段として、
この指定校推薦(私立)&一般推薦(国公立)を推奨しています。

今年も何名かが、この指定校で学内審査を通り、
あとは実際11月に出願して、最終結果待ちです。

そして、この推薦制度を利用していち早く進路を決めた塾生が、
三条高校以外の塾生2名でした。
まだ、最終的に決まっていないので、詳細は控えますが、
その大学へはどちらも三条高校から、毎年何名も進学している大学です。

これこそがすごいことで、県央地区で三条・三条東・巻高生以外で
塾に通っている高校生が何名いるのか??ということです。
前述のうち1名は普通科ではありません。

この生徒が高校になっても塾に来ているので、
正直周りの生徒はびっくりしたのではないでしょうか。

「努力するところに道はひらける」です。

もちろん国公立目指して、必死に夏も頑張っていた高3生もいます。
当塾では、安易に指定校推薦を勧めるのではなく、
本人の意思や家庭環境、性格諸々を考え何が本人とって
一番良い選択をするようにしています。

それも、小学や中学から長~いつきあいをしているので、
適格なアドバイスができると思っています。

いずれにしても、評定平均という「貯金」がないとこの制度も
活用できません。
学校の勉強より、入試対策を・・・という事を言う高校生も多いですが、
まずは学校の勉強の基本をしっかりしないことには
どうにもなりません。
実際、学校の勉強をきっちりやっている塾生は、
模試でも結果を出しています。

基礎があって、あとはどれだけプラスの勉強ができるか?

勉強以外でも、運動でも何でも同じだと思うのですが・・・
何故か勉強になると、とんでもない事を言い出す人が多くて…。

あと数週間でセンター出願です!!
追い込みの秋です。
2014.07.05 14:23|高校生
毎日がバタバタとあっと言う間に過ぎてしまい、
高校生の期末考査もあと1校を残すのみなりました。

ついこの前、中間考査が終わり、ほっとするのも束の間、
あっと言う間に期末考査でしたが、塾生たち本当によく頑張っていました。
高1生の中間考査で、いきなりS高校学年1位を取った塾生がいました。
他10位以内の塾生もいて、正直ビックリでした。

毎年のように学年1位を取る塾生はいますし、
学年10位以内に塾生5人中3名がいた学年もありましたので、
驚くことではないのですが、
今回は予想を超えての結果に驚きました。

この塾生、入試直前に「思いっきり」叱られました。
塾長の指示通りにテキストをすすめていなくて、叱られました。
S高校の1位を取る位の生徒が多少の事をしても、
叱られることはないのが普通のようです。

しかし、当塾では成績が良かろうが、悪かろうが、
ダメなものはダメですし、良いものは良いんです!!

そして、学年1位の成績表を自習室に来た時に私が受け取ったので、
「おお~。○○、あの時叱られて良かったね。」と小声で言うと
にっこり笑って
「本当に、あの時叱られて良かったです。」と言いました。
その時の笑顔がとても印象的です。

なかなかうまく伝わらないかも知れませんが、
この塾生には、何故あの時に塾長が本気で叱ったのか!?
のが分かったんだと思います。

今、中1生は定期テストが終わり、
いよいよ英語も本格的に「橘セミナーオリジナル指導法」をやり始め、
数学もとにかく「印をつけて、手で勉強する!!」という勉強に突入しましたが、
これがまた一苦労で。

毎回、血圧上がってます
「今、でなく未来を教えている」と言っても、まだまだ中1生・・・。
この2ヶ月で、なんとか全員が習得するように頑張ります!!



11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

tachibana-seminar

Author:tachibana-seminar
燕市の小・中・高一貫指導
の学習塾

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR